押印なくても受付け 労災請求見直しへ通達 厚労省

2021.02.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省はこのほど、都道府県労働局の労災補償課長あてに「労災保険における請求書等に係る押印等の見直し」について通達した。押印がなくても、請求人などの記名があれば受け付けることとして差支えないとしている。

 令和2年7月に閣議決定した「規制改革実施計画」を踏まえ、国民や事業者に対して、押印などを求めている手続きについて、不要とする改正を行った。

 労災保険における請求書などについては、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年2月1日第3291号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ