月10日以下が要件に 育休中可能な就労を例示 厚労省

2021.02.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は育児休業期間中の就労に関する考え方を示したパンフレットを公表した。1カ月10日以下か、10日を超える場合は80時間以内であれば育児休業給付を支給するとしている。

 育休中は、労使の話し合いのもとで、子の養育をする必要がない期間に限り、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年2月1日第3291号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ