【想いはせれば】第145回 牛首を懸けて馬肉を売る

2021.01.05 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

▶私が「トンカツ」なるものを食べたのは、昭和30年代の始めに九州・福岡から東京に出てきてしばらく経ってからです。知識としてはあったものの、初めて食べたときは「これぞ西洋料理!」と感激したものでした。

 当時私の田舎では、肉といえば牛肉で、豚肉は売られていましたが、現在と反対で豚肉ははるかに高かったようです。全国的にもそのようでした。

 最近、テレビなどのコマーシャルで馬肉の宣伝をしています。牛肉よりは高値のようですが、どうも積極的に食べたいと思いません。私にとって馬肉は…

執筆:セフテイレビュー代表末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2021年1月1日第2369号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ