【イラストで学ぶ身近なリスクと対策】第8回 酸欠など4つの災害

2020.10.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

1.はじめに

 向寒の侯、穏やかな小春日和が続く季節になりました。9月1日号に「酸素欠乏症」、10月1日号に「硫化水素中毒」をテーマにしたので、今回はまとめとして、酸素欠乏症・硫化水素中毒(以下「酸欠等」という)の災害4事例を示します。

2.酸素欠乏症の災害2事例 

災害1 船倉内歩くうち倒れる(イラストA)

〔発生状況〕南半球から貨物船で運搬してきた穀物の状況を確認するため、協力会社の職長Aと作業者Bはハッチを開き、ロープはしごを船倉内に入れて、酸素・硫化水素の濃度測定をしないで船倉内に入った。2人は穀物の上を、意識がもうろうとしながら歩いているうちに倒れた。事務所では、2人がなかなか戻らないので、上司が様子を見にいったら船倉内で倒れていた。事業会社に連絡したが、「自衛の救助方法」を知らないので消防署に連絡、1時間後にレスキュー隊が到着。打合せ後、隊員2人は空気呼吸器を着用し、バスケット式担架を船倉内に入れ、一人ずつ担架内に包み込み救助用巻上機で救出。2人の救出に2時間を要した。酸素濃度は12%程度だったので、「2人はチアノーゼ」で一命は取り留めた。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年11月1日第2365号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ