【裁判例が語る安全衛生最新事情】第347回 ビーピー・カストロールほか事件 1時間以上の注意パワハラと認めず 大阪地裁平成30年3月29日判決

2020.06.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

Ⅰ 事件の概要

 被告Y1会社は、自動車用潤滑油の輸入・販売を目的とする会社であり、原告Xは、平成22年3月にY1社に入社した者である。Xは、Y1社のコンシューマー事業部のA支店に配属され営業部の従業員であったが、そのA支店の支店長は被告Y2であった。A支店の従業員は4人であり、月に1度、会議が行われていた。Xが主張するには、Y2によるパワハラ行為が数多く行われ、その結果、Xは平成26年9月1日にクリニックで受診したところうつ病との診断を受けた。

 それで、Xは、平成26年10月21日から療養休暇を取得し、平成27年1月14日から復職のためのリハビリ勤務を開始し、同年2月1日に復職した。しかし、Xは平成27年4月14日に、再度うつ病と診断され、同年5月21日まで年次有給休暇を取得した。さらに、同年5月22日から同年10月12日まで休職となり、休職期間が延長され、休職期間の最終日は平成28年5月21日となった。しかし、その後もXは復職せず、自宅勤務扱いにするようにY1社に要求し、そのまま出勤しなかった。Y1社は平成29年1月23日に、無断欠勤を理由に同年2月28日付で普通解雇した。

 原告Xは、解雇は無効であることを主張するとともに、Xのうつ病り患はY2のパワハラが原因であるので、Y2の不法行為とY1社の職場環境配慮義務違反として損害賠償請求訴訟を提起した。

Ⅱ 判決の要旨

1、パワハラと主張される行為

 以上認定したところによれば、①Y2が月に一度の月例会議におけるXのプレゼンテーションに対して、…

執筆:弁護士 外井 浩志

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年7月1日第2357号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ