【2020春季労使交渉資料】賞与・一時金

2019.12.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 19年から景気動向や企業業績に陰りがみえ始め、賞与・一時金にもマイナスの影響が現れている。リーマン・ショック後は概ね回復傾向が続いてきたところ、19年夏季分は各統計で前年割れを記録した。今年の交渉では月例給与の改定と併せ、賞与・一時金を含む年収ベースでの増減にも注目が集まらざるを得ない。本欄では、すでに集計結果が出揃う夏季賞与・一時金の結果を中心に紹介する。

 民間主要企業400社を対象とする厚生労働省の集計では、19年夏季一時金の妥結額は84万5453円だった(表1)。同一企業による前年結果との比較では、金額で約1.6万円、率では1.85%減少している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和2年1月6日第3239号8面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ