【想いはせれば】第121回 ネズミが塩を引く

2019.12.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

▶今年の干支は12支の最初の「子(ね)」ネズミです。さて、ネズミのことですが、その種類は地球上の全哺乳類の半分を占め、その種類や性質はいろいろで、働きネズミもいれば、さぼりネズミもおり、太っていたり、小さかったりさまざまのようです。

 ネズミは「歯ぎしり」するような音を出します。この音は超音波を含み、ネズミ同士のコミュニケーションや辺りの様子を探るのに使われます。事業場のコンピューターの部品がネズミにかじられて故障した原因を調べてみると、その周波数は、発情した雌のネズミが発する超音波の周波数と一致していました。雄ネズミは雌ネズミの超音波にひかれてきて、…

執筆:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年1月1日第2345号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ