【緊急連載 改正労働者派遣法の実務対応】第6回 日雇い派遣(3) 政令等で大きく左右 需給調整損ねる懸念も/岡芹 健夫

2012.08.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

例外認められる場合

 1 日雇派遣禁止の原則

 平成24年3月に成立した改正労働者派遣法(以下「改正派遣法」という)は、原則として、日雇派遣(日々または30日以内の期間を定めて雇用する労働者派遣)を禁止している(なお、この日雇派遣の禁止とは、あくまで派遣元と派遣労働者との雇用契約の期間が30日以内のものを禁止するものであって、派遣先と派遣元との契約期間が日々または30日以内であることを禁ずる趣旨ではない)。

 2 日雇派遣禁止の原則の例外が認められる場合(総論)

 日雇派遣禁止の原則については、大要、…

筆者:髙井・岡芹法律事務所 弁護士 岡芹 健夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年8月13日第2884号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ