【社労士が教える労災認定の境界線】第287回 接待ゴルフでひざの半月板を損傷

2019.03.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害のあらまし

 食品製造販売会社X社で営業職に勤務するAは、取引先企業Y社を接待するゴルフコンペに参加し、最初のホールでティーショットを打った後、大きくバランスを崩し左のひざをねじってしまい、左ひざの半月板を損傷した。Aは、集合時間ギリギリに到着したため、準備運動をすることなく急に体を動かした結果、体への負担が大きくなったことが影響した。X社、Y社の社長ともにゴルフが大好きで、年に4回定期的に両社親睦のゴルフコンペが開催されていた。このゴルフコンペに営業職の社員が必ず参加することは、社内では暗黙の了解になっていて、今まで営業職の社員は皆参加してきていた。品質管理部門から異動してきたばかりのAは初めての参加。Aはゴルフがあまり得意ではなく好きでもないため、気乗りしないなかでのケガとなった。…

筆者:一般社団法人SRアップ21 埼玉会
社会保険労務士行政書士楠原事務所 所長 楠原 正和
◇SRアップ21:www.srup21.or.jp

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年3月15日第2326号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ