【ぶれい考】評価施策でない目標管理/守島 基博

2019.02.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 前回、いわゆる高度プロフェッショナル制度が十分に機能するためには、人事評価制度の改革が必要だと書いた。では、何が最も大きな問題なのだろうか。驚かれるかもしれないが、現在評価に関する最大の問題は、多くの企業で目標管理が評価の方法として使われていることである。

 もともと目標管理は評価制度として提案されたものではない。それは、期首に上司と部下のコミュニケーションを通じて、組織目標と部下の個人目標の擦り合わせを行い、期中の達成支援をとおして多くのメンバーの目標達成をめざし、最後に上司と部下が部下の達成度合いの理由と背景を話し合うための施策である。いうなれば、上司と部下のコミュニケーションを促すための道具なのである。…

筆者:学習院大学 副学長・経済学部経営学科 教授 守島 基博

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成31年3月4日第3199号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ