【ぶれい考】核兵器のない世界をめざし/古賀 伸明

2015.05.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 核兵器保有国の増加を防止する目的で1970年に発効した核不拡散条約(NPT)の運用状況を検討するため、1995年から5年ごとにニューヨークの国連本部で開催されているのが、NPT再検討会議である。

 2000年は「核保有国による核廃絶への明確な約束」を盛り込んだ最終文書を採択し大きく前進したが、…

筆者:連合 会長 古賀 伸明

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年5月18日第3017号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ