【想いはせれば】第101回 ちぎれた2つの指先

2019.02.25 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

▶私が勤めていた会社のOB会の宴席で、私の横に座ったO君が私のグラスにビールを注いでくれました。彼の右手の第2、3指の先端は欠損していました。私がその指を見て何か言おうとしたら彼のほうから「あのときはいろいろお世話になりました」と切り出してくれました。

 今からおよそ45年前、O君は北海道の高校を卒業して入社し、樹脂精製工場に配属されました。O君が被災したのは7月中旬、夜勤3日目の早朝4時ころでした。粉体の製品を袋詰め、計量する作業中、ホッパーの出口付近で詰まった塊を取り除こうとホッパー出口に手を入れて探っていた際、ホッパーの中の撹拌羽根に指を挟まれて切断したものです。…

執筆:セフテイレビュー代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成31年3月1日第2325号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ