【イラストで学ぶリスクアセスメント】第101回 カニクレーンの転倒災害

2015.06.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 移動式クレーンは自走クレーンともいわれ、荷を動力を用いてつり上げ、これを水平に運搬することを目的とする機械装置で、原動機を内蔵し、かつ、不安定な場所に移動させることができるクレーンをいう。今回は移動式クレーンの「カニクレーンの転倒」をテーマにします。

〔カニクレーンについて〕
 最大つり上げ荷重3t未満で、アウトリガー(OL)がカニ足形状に屈折するミニクローラクレーンを「俗称:カニクレーン」といいますが、OLはカニのような10足ではなく、4脚しかありません。
 カニクレーンの災害は、①運搬時の収納寸法は極めて小断面、俗称の頭文字がカニなので、作業関係者は歩く足が4対・3対のカニと勘違いする、②転倒しても、大型のクレーンのようにニュースで話題になることが少ないので軽んじる傾向があります。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年6月15日第2236号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ