【産業カウンセリングの現場から】第174回 一人ひとりの気持ちを聴く/白石 博

2019.02.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

香港での研修に参加して

 まもなく平成が終わり新たな元号が制定される。「大化の改新」(645年)から数えて248番目とのこと。昭和から平成へと元号が変わったのが今から30年前である。

 当時私は2カ所目の配属先で県内全域のリース営業を担当していた。毎日遅くまで残業して休日出勤もあったが営業成績は思うように伸びず、方策が尽き混沌とした状態がしばらく続いた。若かったせいか肉体的な疲れはそう感じなかった。帰宅すると3歳の息子と1歳の娘の寝顔を見て癒された。

 このころ、まだイギリス領だった香港での研修に参加した。関連企業の現地法人を訪問し、街中を視察して日本とは異なる文化に触れることができた。研修の目的は確か「国際社会の一員としての視野拡大」で、今風にいうと「グローバル人材の育成」だろうか。私が特別に選ばれたわけではなく、勤続7年目で香港、15年目でハワイの研修制度があって応募すれば誰でも参加することができた。…

執筆:カードビジネスサービス株式会社 代表取締役社長 産業カウンセラー 白石 博

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年2月15日第2324号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ