【労働災害防止団体 会長メッセージ】職場環境改善対策の普及促す/錢高 一善

2019.01.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

建設業労働災害防止協会
錢高 一善 氏

 平成31年の新春を迎え、謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。

 建設業における労働災害は、会員各位をはじめ関係者の「災害を起こさない」という熱意と長年に渡る不断の努力により減少傾向で推移しており、平成28年には、死亡災害は300人を下回りました。しかしながら、平成29年は、323人と再び300人を超え、平成30年の速報値では、対前年比で増加に転じております。

 頻発する自然災害からの復旧・復興工事、国土の防災・減災のためのインフラ整備などの工事、リニア中央新幹線等関連工事、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技施設工事など、一連の大型工事により工事量が増加する一方で、建設投資の地域格差が生じております。…

筆者:建設業労働災害防止協会 錢高 一善

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年1月15日第2322号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ