【労働災害防止団体 会長メッセージ】東京五輪に向け取組みへ/錢高 一善

2015.01.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今年は、新たな半世紀のスタートの年であり、心も新たに労働災害の根絶に向けて各種事業の推進に全力を尽くしてまいる所存でありますので、会員各位の倍旧のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 半世紀にわたる、会員各位の熱心な安全衛生活動により労働災害は着実な減少をみてまいりましたが、近年は増加傾向で推移しており、今後も震災復興、国土の防災・減災対策、2020年東京オリンピック・パラリンピックのインフラ整備などにより建設投資の拡大が見込まれることから、工事量の増加とともに労働災害も増加することのないよう、安全衛生水準の一層の向上を図ることが大きな課題となっております。

 特に、依然として墜落・転落に起因する死亡災害が全体の約4割を占めており、…

筆者:建設業労働災害防止協会 会長 錢高 一善

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年1月15日第2226号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ