【平成31年 安全衛生行政の展望】仕事と治療の両立も重視を/神ノ田 昌博

2019.01.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

労働衛生課長
神ノ田 昌博 氏

 2019年の新春を迎え、謹んでお慶び申し上げます。

 昨年可決・成立した働き方改革推進法には、「時間外労働の上限規制」や「産業医・産業保健機能の強化」など、多くの重要事項が盛り込まれており、本年4月より順次施行される予定です。関係の皆様方には、法施行に向けてしっかりと準備を進めていただきますようお願いします。

 過労死などを防止するうえで、メンタルヘルス対策の推進も重要です。産業保健総合支援センターによる各種支援サービスやストレスチェックに係る助成金などを通じて、事業場におけるメンタルヘルス対策の支援を行っています。…

筆者:厚生労働省 安全衛生部 労働衛生課長 神ノ田 昌博

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成31年1月15日第2322号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ