【平成31年 安全衛生行政の展望】スクリーニングの加速化へ/川名 健雄

2019.01.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

化学物質評価室長
川名 健雄 氏

 明けましておめでとうございます。

 化学物質評価室では、平成18年度から化学物質のリスク評価を進めています。また、平成25年からは、胆管がん事案の発生も踏まえ、発がん性のスクリーニングの加速化に取り組んでいます。

 これらの取組みは、化学物質の製造・取扱いの業務に携わる労働者の皆様の健康を守る観点から、極めて重要な役割を担うものであると認識しています。…

筆者:厚生労働省 安全衛生部 化学物質評価室長 川名 健雄

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年1月15日第2322号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ