【2019年 経営者への年頭所感】「同一労働」の周知図る/全国中小企業団体中央会 会長 大村 功作

2018.12.27 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

全国中小企業団体中央会 会長
大村 功作 氏

 昨年は、「つながる ひろげる 連携の架け橋」のスローガンの下、「平成30年度中央会の基本活動方針」に基づき、次のように①~⑤の5つの重点活動に取り組みました。本年は、数値目標を含めその成果を取りまとめ、改善を図ります。

 ①「組合の今日的意義の確認・発信」は、「中小企業組合のあり方研究会」を設置し、組合の新たな方向性・可能性を提示しながら、中央会による組合支援のあり方を検討してきました。本年は、…

筆者:全国中小企業団体中央会 会長 大村 功作

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年1月7日第3191号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ