【2020年 経営者への年頭所感】東京五輪で魅力発信を 生産性向上が最重要課題/全国中小企業団体中央会 会長 森 洋

2019.12.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

全国中小企業団体中央会 会長 森 洋 氏

 昨年6月に会長に就任後、初めて迎える新年であり、大変身の引き締まる思いであります。

 会長として半年間を振り返りますと、自然災害による被害、深刻な人手不足、事業承継、消費増税と複数税率の導入、働き方改革などへの対応、最低賃金の引上げ、さらには米中の貿易摩擦による受注減少など、中小企業を取り巻く事業環境は、厳しさを増しております。

 このような状況の中、中小企業においては生産性向上が急務であり、…

筆者:全国中小企業団体中央会 会長 森 洋

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年1月6日第3239号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ