希望ある未来づくりへ 30周年迎え新ビジョン/神津 里季生

2018.12.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

連合 会長
神津 里季生 氏

 新年明けましておめでとうございます。連合運動に対する日頃のご指導・ご支援に心より御礼申し上げます。

 今年、連合は結成30周年を迎えます。これからの時代を見据えると、人口減少・超少子高齢社会など、私たちを取り巻く環境が大きく変化していくことが見込まれます。そこで連合は、「働くことを軸とする安心社会」を深化させ、30周年の節目に向けて、「持続可能性」、「包摂性」の視点をより重視した新たなビジョンを示し、希望ある未来づくりへの運動を打ち出してまいります。同時に、…

筆者:連合会長 神津 里季生

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年1月7日第3191号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ