働く者の安心・安定は強固な金属の現場から/髙倉 明

2018.12.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

金属労協(JCM)議長 
髙倉 明 氏

 昨年は、近代国家形成の試みであった明治維新から150年、本年は、新たな元号に移行するとともに、連合結成30年、全労生結成60年、ILO結成100周年など大きな節目を迎えます。

 これまでも、それぞれの節目においては、時代が移り変わる中で、それまでの時代が残した課題は新しい時代へと引き継がれ、新たな試みが実行されてきましたし、今後も新たな環境変化に対し的確に対応していく必要があります。

 金属産業を取り巻く環境は、AIやIoTに代表される第4次産業革命の渦中にあり、…

筆者:金属労協(JCM)議長 髙倉 明

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年1月7日第3191号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ