【送検事例・図入り】トラックのあおりを閉じず

2018.12.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 神奈川・厚木労働基準監督署は、トラックの荷台に労働者を乗せていたにもかかわらず、あおりを閉じていなかったとして、ごみ処理施設の副主幹を安衛法違反の疑いで横浜地検小田原支部に書類送検した。労働者は運転手とトラックで町内の資源ごみを回収後、処理施設構内に搬入。各種ごみを所定の置場に置くために移動していたところ、走行するトラックの荷台から転落し死亡した。(H30・11・9)

事件の概要

 事故は、ごみ処理施設の構内で発生。労働者は運転手と2人で町内の資源ごみを回収していた。回収を終え、ごみ処理施設に搬入。荷台には古着、ペットボトル、空き缶が積まれていた。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成31年1月1日第2321号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ