【産業カウンセリングの現場から】第170回 障害者と健常者の間の世界/三瓶 三絵

2018.12.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「違っていた」福祉の現場

 私は障害のある方の就労支援を行って、今年で5年目になります。福祉とはまったく縁のない一般の会社勤めをしていたころ、私は恥ずかしながら障害に対する理解が非常に乏しく、障害者というものを特別な、どこか別世界の人たちのように捉えていました。

 しかし、障害福祉の現場で働くようになり、その感覚は180度転換させられました。当然のことながら、障害のある人たちは別の世界で生きているわけではなく、今、この町で想像以上の数で溢れています。そして、ハンディキャップがあれば当然のようにそこに支援もあるという、この甚だしい思い違いは、支援する立場になって最初に打ち砕かれたイメージでした。

「普通の人として働きたい」

 地方の刑務所を出所してきた知的障害の男性(Oさん)を担当しました。地域生活定着支援センターからつながったケースです。地域生活定着支援センターは触法障害者の問題が深刻化するなか、平成21年から全国に設置が進められています。Oさんは違法薬物や窃盗など複数の前科があり、まさに累犯ケースでした。…

執筆:精神保健福祉士 訪問型職場適応援助者 産業カウンセラー 三瓶 三絵

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年12月15日第2320号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ