【社労士が教える労災認定の境界線】第279回 解体作業での石綿ばく露が原因で死亡か

2018.11.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害のあらまし

 建物の解体作業専用機械の操作者(オペレーター)Aさんは、1994年秋から2006年秋までの約12年間B事業所に勤務し、その後、2008年夏からC事業所に勤務し、同様の職種に従事した。2015年6月に「右悪性胸膜中皮腫」と診断され、その後同年10月に死亡した。

判断

 Aさんは、「右悪性胸膜中皮腫」と診断され、アスベスト(石綿)が原因によるものと考え、労働基準監督署に相談した。アスベスト(石綿)の関連が明らかな疾病とされる中皮腫であり、業務上となった。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 北海道会
社会保険労務士法人 安藤行政事務所 代表社員 安藤 壽建
◇SRアップ21:www.srup21.or.jp

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年11月15日第2318号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ