【事故防止 人の問題を考える】第49回 休業4日未満の災害から学ぶ② ~傷病部位別にみる~

2018.09.25 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

閉めた車のドアに頭をぶつける

 今回は、傷病部位別に休業4日未満特有災害と、休業4日未満災害と休業4日以上災害がともに多い災害(以下、「ともに多い災害」)をみていきます。前者は、その多くは重篤な災害につながりにくいもの、ただし、なかには死亡災害に直結するものがあり、一方、後者は重篤な災害、死亡災害につながる可能性が高いものです。

 前者はハインリッヒの法則(1:29:300)には当てはまるわけではなく、すべての労働災害がハインリッヒの法則に当てはまらないことを覚えておいてください。

「頭」

【休業4日未満特有災害】

 ワゴン車などの最後部ドアを閉めたとき、風などにより自然に最後部ドアが閉まったとき、ドアに頭をぶつけた災害が多発しています。…

執筆:労働安全衛生総合研究所 建設安全研究グループ 部長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年10月1日第2315号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ