【イラストで学ぶリスクアセスメント】第172回 小型卓上ボール盤の災害

2018.06.11 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 卓上ボール盤〔*1〕は、木材・金属・非金属・プラスチックなどへの穴あけ作業に、便利な工作機械〔マメ知識=右ページ下〕です。特に、小型卓上ボール盤と両頭グラインダーは、全事業場・工業系と美術系の学校〔*2〕・小中学校の工作室、また、日曜大工の好きな家庭にもある「身近な工作機械」です。しかし、この機械の危険性を認識しないで無防護で扱うと、致命傷〔死亡や永久労働不能につながるケガ〕になる可能性があります。今回は、小型卓上ボール盤の作業台からの落下により「研修生が被災」をテーマにします。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長
中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年6月15日第2308号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ