【2016年 企業と国民への年頭所感】マイナンバー対応強化/全国社会保険労務士会連合会 会長 大西 健造

2016.01.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 社労士制度は2年後の平成30年に制度創設50周年を迎えます。近年では、事業主、労働者とその家族の皆様はもとより、厚生労働省をはじめとする関係官庁、団体、さらには海外に及ぶ関係者の皆様から、人事労務管理および労働社会保険諸法令の専門家として様ざまな要請をいただいており、我われには、皆様からの期待に応え、より一層信頼を獲得することによって、益々の制度発展を実現する使命があります。

 このような大きな節目に向け、当連合会は、「社労士制度推進戦略室」を中心に様ざまな活動に取り組んでおります。…

筆者:全国社会保険労務士会連合会 会長 大西 健造

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年1月4日第3047号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ