【イラストで学ぶリスクアセスメント】第76回 高速切断機による災害

2014.05.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 前回は、自由研削用の携帯用グラインダをテーマにしましたので、今回は、パイプ・小断面のアングル・形鋼などの切断に使用する高速切断機をテーマにします。切断機には、高速切断機・チップソー切断機・メタルソー切断機・タイル切断機・ロータリーバンドソー・ジグソー・チェンソー・カッター・電子セーバソー・丸のこなどがあります。

 高速切断機には切断といしを使用するものと、摩擦板(チップソーカッター)を使用するものがありますが、一般には、切断といしを使用するものが多いようです。

切断したパイプが頭部に

<高速切断機A・B>
 ともに、といし径405mm・切断能力径135mmで、台座は移動が可能な鉄輪付きで、防護カバーは一部欠損しています。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年5月15日第2210号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ