【送検事例】フォークリフトの労災をかくす

2016.06.15 【安全スタッフ】

 宮城・古川労働基準監督署は、労災かくしをしたとして運送会社と同社元総務課長を安衛法違反容疑で仙台地検に書類送検した。労働者がフォークリフトに追突され、休業4日以上となる災害が発生したのに、「パレットにつまずいて転倒した」と虚偽の労働者死傷病報告書を同労基署に提出したもの。「フォークリフト災害だと大ごとになると思った」と被疑者は供述しているという。(H28・4・25)

事件の概要

 運送会社の物流センターで、平成25年7月8日、労働者がフォークリフトに追突された。

 休業4日以上を必要とする労働災害が発生したのに、当時の総務課長は平成25年8月5日に「フォークリフトの荷役作業時に使用するパレットにつまずいて転倒した」と記載した虚偽の労働者死傷病報告を古川労基署に提出したもの。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成28年6月15日第2260号

あわせて読みたい

ページトップ