【送検事例】軟弱な地盤の路肩崩壊防止怠る

2015.05.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 横浜西労働基準監督署は、掘削抗に通じる斜面をドラグ・ショベルが走行中、転倒して運転していた職長が死亡した労働災害について、建設会社と死亡した職長を安衛法違反の疑いで横浜地検に書類送検した。斜面の地盤が軟弱であったため、路肩の崩壊防止、地盤の不同沈下防止のための措置を講じる義務があったが、被疑者はこれを怠っていた。(H27・3・6)

事件の概要

 事故は、高速道路建設工事のインターチェンジ・ジャンクションの橋脚および橋台を建設する現場で発生。橋台を築造するために約12m四方の四角形で深さ約2.2mの掘削抗が設けられており、地上から底へ通じる斜面が造成されていた。ドラグ・ショベルが斜面を下っていたところ、車両ごと転倒。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年5月15日第2234号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ