【トップ&キーマンいんたびゅう】管理体制の充実で安全ナンバー1復活へ

2014.05.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 「熊谷ブランドの安全が危機的状況にある」――そう明言してナンバー1への復活を期する熊谷組・安全本部長の土屋さん。”管理体制の確立と充実、3現主義の徹底、考動の実践”を重点的災害防止策に掲げ、改めて元請け・安全衛生協力会・専門協力業者が一体となって取り組む必要性を説いてやまない。「常に安全のトップを走りつづけたい」気持ちは人一倍強いようだ。

㈱熊谷組 安全本部 本部長
土屋 良直 さん

――先ごろ開かれた安全衛生大会では、本部長自ら”安全が危機的状況にある”と訴えられていました。その状況とは、どのようなものなのでしょう。

土屋 今期(第78期=平成26年4月~同27年3月)の安全衛生管理計画にも記してあるように、前期に休業災害が19件発生してしまって3期連続での悪化、また直近6年を3年スパンで見ても度数率が倍増しているという状況にあります。かつては休業災害が6、7件という時期もあったんですが、2ケタに増えてしまっている。安全が熊谷組のブランドなのですから、危機的状況にあると言わざるをえません。

――土屋さんはかねてから、災害の発生原因をデータベース化し、綿密な分析もされていると伺っています。昨今の災害増の要因はどのへんにあるとお考えですか。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年5月1日第2209号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ