【安衛法まるかじり】第14回 労働者の危険・健康障害を防止するための措置⑤

2013.08.01 【安全スタッフ】

※この連載記事を加筆・修正してまとめた書籍「楽に読める安衛法 概要と解説」(平成29年9月12日発行)を販売中です。ぜひお買い求めください。

救護作業の二次的災害防止措置を

第30条の3の概要

 ずい道等の建設の仕事でたて坑の掘削を伴うもの、圧気工法による作業を行うものなどで一定規模以上のものを行う仕事(第25条の2第1項)が、数次の請負契約によつて行われる場合、元方事業者、そして元方事業者と同様の措置を講ずべき者として指名されたものは、爆発、火災などの災害が生じた場合の救護作業中において、二次的に労働災害が発生しないように、すべての労働者に関して一元的に、…

執筆:労働安全コンサルタント(元・産業安全研究所理事長) 尾添 博

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成25年8月1日第2191号

あわせて読みたい

ページトップ