【安衛法まるかじり】最終回 罰則

2015.09.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

※この連載記事を加筆・修正してまとめた書籍「楽に読める安衛法 概要と解説」(平成29年9月12日発行)を販売中です。ぜひお買い求めください。

 第12章では、安衛法に違反した場合の罰則について規定されています。

違反行為者だけでなく会社にも罰則

第115条の2の概要

 特定業務に従事する特定機関の役員、職員などが、職務に関して、賄賂を収受し、要求し、または約束した場合には、5年以下の懲役に(第1項、第2項、第3項)、特定業務に従事する特定機関の役員、職員が、これによって不正の行為をし、または相当の行為をしなかった場合には、7年以下の懲役に(第1項)処せられます。収受した賄賂は、没収され、もし、その全部、一部を没収することができないときは、その価額を追徴されます(第4項)。

説明

 <第2項>特定業務に役員、職員として従事する予定の者が、従事する前に賄賂を収受し、要求し、または約束したときは、その者が特定業務に従事する役員、職員になったときに、処罰されるということです。

 <第3項>特定業務に従事する役員、職員が、在職中に不正を行い、…

執筆:労働安全コンサルタント(元・産業安全研究所理事長) 尾添 博

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年9月1日第2241号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ