【社労士が教える労災認定の境界線】第226回 既往歴ある作業員が暑熱環境下で心筋梗塞に

2016.09.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害のあらまし

 舗装工事会社に勤務していた労働者Aが、道路アスファルト工事という暑熱な場所における業務に従事中、熱中症を発症し、致死的不整脈(意識消失から突然死に至る危険性の高い不整脈)を発症し、救急搬送された病院でその日のうちに死亡した。

 遺族が、労災保険法による遺族補償給付および葬祭料の請求をした。

判断

 労災保険法に基づく遺族補償給付および葬祭料の給付は、「労働者が業務上死亡した場合」に行われるところ、業務上の疾病により死亡したというためには、当該疾病が労基法施行規則35条、別表第1の2各号所定の疾病に該当することを要し、当該疾病につき業務起因性が認められなければならない。同別表第2号8では、…

執筆:一般社団法人SRアップ21 東京会 社会保険労務士永井事務所 所長 永井 康幸

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年9月1日第2265号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ