【産業カウンセリングの現場から】第111回 乗客の対応に職場環境改善重ねる

2016.01.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

人の席に他人が座り

 職場におけるカウンセリングに関しては、25年余に及ぶ産業医経験のなかで感じてきたことが少なからずあるが、今回はつい先日出合った小さな出来事を書きたい。

 実家に用があって、某私鉄の特急を利用した。全席指定であり、出発前に車内でもそのことへの注意を促すアナウンスが繰り返されていた。私は、始発駅から乗車したのだが、座席は既に8割以上うまっていた。発車後20分ほどで列車は次の停車駅に着き、15人ほどの老若男女が私の車両にも乗り込んできた。ほどなく、私の5列ほど先の通路に、男性の二人連れが、困ったような様子で立っているのに気づいた。…

執筆:産業医科大学 産業生態科学研究所 精神保健学 教授 廣 尚典

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年1月1日第2249号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ