【想いはせれば】第22回 正しく装着防毒マスク

2015.11.15 【安全スタッフ】

 私が初めて本当の?防毒マスクに接したのは小学校3年生で、長崎・佐世保でのことでした。佐世保にはわが国の代表的な軍港があり、毒ガス攻撃が想定されて、市民に「防毒マスク」が配られたようです。それは現在の直結式防毒マスクに似ていて、装着したら苦しくてバタバタした記憶があります。佐世保はその後大空襲に遭いましたが、防毒マスクを装着することはありませんでした。

 私が若いころ、安全衛生スタッフを務めていた工場は、…

執筆:セフティレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成27年11月15日第2246号

あわせて読みたい

ページトップ