【想いはせれば】第18回 「あにさん」のヘルメット

2015.09.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 職場では物の飛来・落下や、作業者の墜落・転落、転倒による労働災害が全災害の50%以上を占めており、これらの負傷の損傷部位の大半は頭部です。このようなことから、建設現場は当然として、多くの職場でヘルメット(保護帽)の着用を徹底しています。また、ヘルメットそのものも工夫・改善が進み、規格のものでも、軽くて着用が容易、格好もよくなり、着用に負担がないばかりか、被り続けると離せなくなっています。

 昔、私の工場では、工事や運送などの常駐事業所の作業員の作業所に、ヘルメット着用を徹底させるのが難儀でした。…

執筆:セフティレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年9月15日第2242号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ