【産業カウンセリングの現場から】第54回 精神障害者の職場環境づくりとは

2013.08.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「仕事がない!助けて!」

 平成24年度、ハローワークを通じた障害者の就職件数は、3年連続で過去最高を更新し、就職率も3年連続で上昇しています。新規求職申込件数、就職件数ともに全ての障害種別で増加し、なかでも精神障害者の件数は著しい伸びを見せています。

 国は、平成30年度から精神障害者の雇用を企業などに義務づける障害者雇用促進法の改正案を閣議決定しました。日本人の15人に1人は生涯に一度はうつ病に罹患する可能性があるという現代、誰もが精神障害を抱えるリスクを負いながら仕事と向き合っています。このような時代のなかで、精神障害者を含めた障害者雇用全体のあり方が大きく変わろうとしています。

 「働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト『こころの耳』」は、…

執筆:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト「こころの耳」運営事務局
(一般社団法人日本産業カウンセラー協会内)
川崎市障害福祉施設第三者委員会 第三者協力員 産業カウンセラー 精神保健福祉士
三瓶 三絵

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年8月15日第2192号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ