【本当に役立つ!こころの耳】第63回 事例紹介59 脳梗塞発症の安全配慮義務

2017.11.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 今回、紹介する事例は「高血圧症を有していた労働者の脳梗塞発症につき、安全配慮義務違反が認められた裁判事例(富士保安警備事件)(事例6-1)」です。前回から引き続き、違法な長時間労働と過労死に関する事例です。

 2014年11月に施行された「過労死等防止対策推進法」にて、「過労死等」とは、「業務における過重な負荷による脳血管疾患若しくは心臓疾患を原因とする死亡若しくは業務における強い心理的負荷による精神障害を原因とする自殺による死亡又はこれらの脳血管疾患若しくは心臓疾患若しくは精神障害」と定義されています。…

筆者:一般社団法人 日本産業カウンセラー協会
こころの耳ポータルサイト運営事務局 事務局長
石見 忠士

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年12月1日第2295号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ