【新春特別寄稿】13年賃金交渉の展望 賃上率1.5~1.8%を予測/楠田 丘

2013.01.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

デフレ脱却が重要に 定昇分の1.6%優先へ

 2013年賃金交渉は、厳しい環境(デフレからの脱却、大震災からの復興、雇用の再生など)の下にあるものの、輝かしい日本の再生に向けての労使討議が求められており、経団連と連合との懇談会でもこういった視点が論じられている。…

筆者:日本賃金研究センター 名誉顧問 楠田 丘

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年1月14日第2904号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ