【人事学望見】第976回 残業込み賃金の落とし穴 割増賃金違反が頻発する土壌に

2014.09.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

ブラック企業で多発している!

 埼玉労働局は、平成25年に行った介護関係施設に対する監督指導結果をまとめたが、労働時間、割増賃金を中心に7割を超える事業場で法令違反が判明した。後者の違反の多くは固定残業代を超える部分の未払いで、前回調査の17%から35%と倍増した(本紙9月8日付け3面)。

超過分支給の明示が必要

 「固定残業制は、コスト管理の有力な方策だが、このような未払いが付きものになっている。労働者は、残業代込みでいくらという労働契約を交わして入社しているから、残業代と割増賃金が符合しなくても納得してしまう。いわば労働者の無知に付け込んだ法令違反であり、まさにブラック企業のやり方だ」

 横峯製作所の労働組合で長く執行委員長を務めている大山が、記事をみながら嘆息していた。昼食後に決まってたむろしている組合事務所では、委員長のグチはいつものことだった。集まった連中が聞き流して談笑するのも、またいつもの光景だが、今日は違った。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年9月22日第2986号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ