【ぶれい考】保育園対策は柔軟な発想で/前田 三枝子

2015.02.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 先日、ネット配信で読んだ新聞記事に、政府は15年度予算の中で待機児童解消に向け①保育所運営のための施設型給付②保育所の整備・改修③小規模施設に対する地域型保育給付などに7023億円を配分するとあった。…

筆者:株式会社マエダ 代表取締役社長 前田 三枝子

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年2月23日第3006号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ