【ぶれい考】職場理解が女性活躍のカギ/前田 三枝子

2015.01.26 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 日本で少子化が叫ばれるようになって久しい。一方で安倍政権は人材の活躍強化を掲げ「女性が輝く日本!」と銘打ち女性の社会進出を後押ししようとしている。しかし現実は仕事をしながら子供を産み育てる女性が増える気配はない。…

筆者:株式会社マエダ 代表取締役社長 前田 三枝子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年1月26日第3002号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ