【ぶれい考】仕事優先型女性を徹底教育/前田 三枝子

2015.03.23 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 女性の雇用にかかる問題は、社会政策から経済政策に討議の場所を変え、政府は各分野における女性管理職者を2020年までに30%程度に増やすことを目標に、具体的な数値目標と取組みを促している。民間企業でもそれに伴い取組みに向けた動きを目にするようになった。女性活用のためのセミナー開催も多い。しかし私は降ってわいたようなこの数値目標に違和感を覚える。…

筆者:株式会社マエダ 代表取締役社長 前田 三枝子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年3月23日第3010号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ