【ぶれい考】「兼業」規制は誰のため?/野田 進

2013.06.03 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 兼業問題は、これまでの日本では、さほど中心的な問題として注目されていなかった。わが国の終身雇用モデルでは、別の企業で夜間や休日に勤務する必要はないのが前提だし、ほとんど例もなかった。しかし、そうした慣行のない諸外国では兼業・二重就職は必要に応じて特に問題もなく行われているようだ(ムーン・ライターという風雅な呼び名もある)。…

筆者:九州大学大学院法学研究院 教授 野田 進

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年6月3日第2923号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ