【送検事例】コンベヤーに覆い設けず

2017.07.27 【安全スタッフ】

 神奈川・相模原労働基準監督署は、ベルトコンベヤーに覆い、囲いを設けなかったとして、土石製品の製造会社と同社代表取締役を安衛法違反の疑いで、横浜地検相模原支部に書類送検した。労働者がコンベヤーに鉄骨が挟まっているのに気づいて取ろうとしたところ、被災したもの。労働者は、右上腕をコンベヤーに巻き込まれ、肘から先を切断する重傷を負った。(H29・6・1)…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成29年8月1日第2287号

あわせて読みたい

ページトップ