【多様人材活用の新ルール】第16回 限定正社員の制度設計③ 社員自ら職能分野選択 人事権の範囲が重要に/佐藤 博樹

2014.05.05 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

業務限定は人事権制約

 勤務地の限定によって業務範囲が限定される場合もあるが、ここでは勤務地限定の有無にかかわらず両者に共通した業務限定の考え方を取り上げる。

 業務限定つまり業務範囲の限定には、社員に割り当てる業務を企業が独自に決めることができる場合と、割り当てる業務を企業が独自に決めることができず、社会的に定められている場合がある。…

筆者:東京大学大学院 情報学環 教授 佐藤 博樹

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年5月5日第2967号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ