【サラリーマンしたたか遊泳術】両立していた高齢者と新卒採用/吉田 典史

2014.09.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 先日、経済雑誌で「65歳定年制」について特集記事を書いた。いくつかの大企業を取材し、60歳以降の雇用延長にどのように取り組んでいるのかを探った。

 昨年4月から施行された「改正高年齢者等雇用安定法」によって、事実上の65歳定年制の時代を迎えた。1年前、コンサルタントやエコノミスト、学者らは様ざまなメディアでいいきっていた。

 「企業がシニア世代を雇い続けることで、若い人の雇用が奪われる」「大卒の就職難が一段とひどくなる」…。その根拠を明確に提示した者は、筆者が確認していた限り、ゼロに近い。…

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年9月1日第2983号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ