【社労士が教える労災認定の境界線】第245回 月100時間残業で上司から叱られうつ病に

2017.06.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害のあらまし

2017.6.15残業&叱責うつ 建設資材関係の製造を行うY会社で勤務するXは、新規開設の営業所所長に就任した。当初は業績が順調だったが、次第に売上げが減少し赤字に転落した。3人いた部下もいなくなり、全業務を一人で行わざるを得なくなり、業務量が急増。1カ月当たりの時間外労働時間数が100時間を超える月が続いた。また、本社担当役員からの強い叱責などもあり、不眠や慢性疲労、意欲低下が続き、結果、「うつ病」と診断された。Xはうつ病の原因は、仕事によるストレスが原因だとして労基署へ訴えた。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年6月15日 第2284号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ